プロバイダとは?

インターネットの利用に必要なプロバイダとは

プロバイダという言葉自体は聞いたことがあっても、実際どんなものなのかよくわからないという方は多いです。インターネットを利用する上で必要である、ということはわかっていても、なぜ必要なのか、そもそもどういった存在なのかわからない、という意見が多くあります。

 

プロバイダはインターネット接続業者とも呼ばれるように、ネット回線を通じて自分の家とインターネットの世界をつなぐ事業者のことです。正式名称はインターネットサービスプロバイダーで、ISPと略されます。我々がインターネットをするためには電話回線ならびに専用回線を通じて行わなければならず、そのためにはプロバイダによって提供されるIPアドレスがなければなりません。つまりIPアドレスはネット回線を通じてネットの世界に足を踏み入れるための通行手形のようなもので、プロバイダはそれを提供する事業体となります。

 

もちろんプロバイダだけではインターネットを利用することは出来ません。自分の住んでいる場所にネットに繋がるためのNTTなどが提供する通信回線がなければなりません。NTTはNTT法によってプロバイダ業務は行うことは出来ませんが、その代わりNTTグループのプロバイダがNTTの回線を利用したサービスを提供しています。最近ではKDDIのように回線とプロバイダ業務を両立する会社も登場しており、プロバイダ選択の幅が広がっています。

 

最近ではスマホの普及に伴い、スマホで通話などの料金設定は最安値のプランにして、データ通信機能を充実させるためプロバイダ契約を行い、より利用料を安くする方法もメジャーになってきました。どこのプロバイダがお得に、安心して使えるのか検討することが大事です。