プロバイダを変えたいとき

プロバイダ変更のメリットとデメリット

転居や契約期間の満了など、様々な理由でプロバイダを変えたいときがあるでしょう。それとは別に、実はプロバイダを変えることによって、月々のコストを安く抑えられるようになり、よりお得にネットを利用することができるようになる場合もあることもあるのです。つまりプロバイダを改めて比較検討することは、決して無駄なことではありません。すぐに変えたい方はもちろん、今のプロバイダが果たして安いのか、もう一度考えなおしてみましょう。

 

安いプロバイダだからといって、利用している回線自体も安物に全部交換するわけではありません。NTTの光回線を利用するプロバイダであれば、利用回線も全く同じで、プロバイダだけが変わります。もし同時にauひかりの回線もあれば、よりプロバイダの選択肢が広がります。その中でキャッシュバックの金額が大きく、さらに月額料金も安く抑えられて、実質的にかかる費用が一番安いところに乗り換えてしまえば、最もお得にネットを利用できるようになるのです。

 

ただし乗り換える際に確認しておかなければならないことがあります。それは契約期間です。ほとんどのプロバイダは基本2年間の継続利用を契約の際に決めており、途中で解約すると解約料が発生する場合があります。新しく契約したばかりの場合はすぐにプロバイダを変えてしまうのは得策ではありません。一方基本利用期間を経過している場合は、キャッシュバックなどを目的に乗り換えてしまうのがお得なケースが多いのです。

 

まずはご自身のプランを今一度見直し、惰性で利用を続けてしまっているのであれば、お得なキャンペーンなどをきっかけに、新しいプロバイダに変えてみると良いでしょう。